【初心者必読】バイナリーオプションデモ口座・デモ取引の活用法と注意点

「バイナリーオプションのデモ口座って何ですか?」
「バイナリーオプションのデモ取引ってすべきですか?」
「バイナリーオプションのデモ口座の活用法を教えてください。」

man

バイナリーオプションをはじめようとしている初心者がまずやってみるべきもに「デモ口座によるデモ取引」というものがあります。今回は、バイナリーオプションデモ口座・デモ取引の活用法と注意点について解説します。

バイナリーオプションのデモ口座・デモ取引とは?

デモ口座とは?

架空のお金でバイナリーオプションのトレードプラットフォームで、トレードをテストする「お試し口座」のこと

を言います。

デモ取引とは?

「デモ口座」を使って、バイナリーオプショントレードをすること

を言います。

デモ口座は、入金自体は不要ですが

  1. 登録が不要な「クイックデモ口座」
  2. 登録が必要な通常の「デモ口座」

があります。

バイナリーオプションのデモ口座・デモ取引一覧

国内バイナリーオプション業者のデモ口座

外為オプション/GMOクリック証券のデモ口座

1日の取引回数10回
取引時間間隔3時間
購入から判定まで最短2分
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
最低購入単位1枚50円~999円
ラダーオプションコース数7コース
レンジオプションコース数-
ワンタッチオプションコース数-
ノータッチオプションコース数-

FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパンのデモ口座

1日の取引回数11回
取引時間間隔2時間10分
購入から判定まで最短2分
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
ポイント/米ドル
最低購入単位1枚50円~999円/1枚500円~9,990円
ラダーオプションコース数15コース
レンジオプションコース数15コース
ワンタッチオプションコース数12コース
ノータッチオプションコース数12コース

オプトレ!/YJFX!のデモ口座

1日の取引回数11回
取引時間間隔2時間
購入から判定まで最短1分
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
ユーロ/米ドル
ポイント/米ドル
豪ドル/米ドル
最低購入単位1枚10円~999円
ラダーオプションコース数6コース
レンジオプションコース数5コース
ワンタッチオプションコース数-
ノータッチオプションコース数-

LION BO/ヒロセ通商のデモ口座

1日の取引回数9回
取引時間間隔2時間
購入から判定まで最短2分
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
最低購入単位1ロット(1円~1,000円)
ラダーオプションコース数7コース
レンジオプションコース数-
ワンタッチオプションコース数-
ノータッチオプションコース数-

みんなのバイナリー/トレイダーズ証券

1日の取引回数11回
取引時間間隔2時間
購入から判定まで最短2分
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
最低購入単位1枚50円~999円
ラダーオプションコース数6コース
レンジオプションコース数-
ワンタッチオプションコース数-
ノータッチオプションコース数-

デモ口座なし

海外バイナリーオプション業者のデモ口座

ハイローオーストラリア/HighLowのデモ口座

所在地セントビンセント及びグレナディーン諸島
認可セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
最大100,000円のキャッシュバックが抽選で当たるジャックポット
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

ザオプション/the optionのデモ口座

所在地マーシャル諸島
認可法人登記、エストニア金融情報機関(EFIU)
信託保全・分別管理分別管理
最低ペイアウト倍率1.77 倍
最高ペイアウト倍率2.00 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン初回入金で5,000円のキャッシュバック
10日以内に10回取引5,000円特別キャッシュバック
bitwalletでの5万円以上のご入金で5,000円のキャッシュバック
入金ボーナス最大40%
独自ツール高機能トレードプラットフォーム
・10以上のテクニカル分析指標
・複数チャート同時表示
・トレンドラインなどが引ける

ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS

所在地バヌアツ共和国
認可-
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.60 倍
最高ペイアウト倍率1.84 倍
最低取引額500円
ボーナス/キャンペーン10回取引で5,000円ボーナス
投資額の最大1.0%キャッシュバック
月に3回以上 bitwalletで入金で5000円ボーナス(出金条件なし)
平日20時~23時、3通貨ペアのペイアウト倍率が90%に上昇
独自ツールテクニカル分析表示
トレーダーセンチメント
ビデオチュートリアル

デモ口座なし

ほとんどのバイナリーオプション業者では、国内業者、海外業者問わず「登録不要のデモ口座」を用意しており、気軽に「デモ取引」を体験することが可能になっています。

バイナリーオプションデモ口座・デモ取引の特徴と「リアル口座(本口座)」との違い

違いその1.取引履歴が見れない

「リアル口座」を持っている場合は

マイページ(管理画面)にログインして、「取引履歴」を見れば、過去のトレード履歴が表示されます。

「デモ口座」の場合は

登録をしていないのは、マイページ(管理画面)はなく、トレード履歴を見る画面がないのです。

違いその2.時間が経過すると口座残高がリセットされる

基本的には

クイックデモの場合、同じブラウザで開いている間は、トレード結果に応じた残高が表示されていますが・・・

「ブラウザを一度閉じてしまった。」
「別のブラウザで開いた。」
「一定期間何もせずに放置してしまった。」

man

という場合に

口座残高がリセットされて、もとの金額(100万円、1000万円)に戻ってしまうのです。

バイナリーオプションデモ口座・デモ取引の活用法

その1.デモ口座は、トレードプラットフォームの使い勝手をテストするもの!

「デモ口座」は、あくまでも、

トレードプラットフォームの使い勝手をテストするもの

という位置づけで利用すべきです。

まれに

「デモ口座」で、バイナリーオプションの攻略法・必勝法をテストしようとする方もいるのですが・・・

基本的に

「デモ口座」で成功した攻略法・必勝法が、「リアル口座(本番の口座)」で成功するとは限らない

ため、「デモ口座」で攻略法・必勝法の性能をテストすることには、大きな意味がないのです。

なぜ、「デモ口座」で成功した攻略法・必勝法が、「リアル口座(本番の口座)」で成功するとは限らないの?

理由その1.サーバーが違うので挙動が異なるから

リアル口座では

  • 多くの投資家がトレードをしている
  • 実際に注文を処理する

必要があるため、サーバーの動きも遅くなってしまいますし、約定に遅れが出るケースも少なくありません。

デモ口座では

  • 口座開設を検討している小数の方しか使わない
  • 実際に注文を処理しない

のですから、動作は軽くなり、反応も早いのです。

デモ口座である程度の勝率を挙げる攻略法・必勝法が、リアル口座でも、同じ勝率を挙げられるとは限らないのです。
理由その2.履歴が残らない

リアル口座でのトレードの場合は、過去の履歴を見ることができます。

マイページの「取引履歴」を見れば、過去のデータがわかるのです。

デモ口座でのトレードの場合は、「過去の履歴」はわかりません。

登録していないのですから、マイページがないのです。

データかなければ、分析するのは容易ではなく「攻略法・必勝法の性能の検証」には使えないのです。
理由その3.本気度が違う
  • お金がかかっていない精神的にまったく負荷がない状況で行うトレード
  • お金がかかっていて、負けたらお金が戻ってこない精神的ストレスの中で行うトレード

では、判断に大きな差が生まれてしまいます。

「いくら負けても、実際にお金が取られないラフな精神状態でデモトレードして成功したとしても、実際にお金がかかった中で、「リアル口座」でトレードしたら、負けてしまった。」

staff

というのはよくある話です。

結局、「デモ口座」と「リアル口座」では、同じようにトレードしようとしても、同じ結果にならないことが多いのです。

だとすれば

「デモ口座」 → トレードプラットフォームの使い勝手を試すためのもの

としたうえで、攻略法・必勝法のテストをしたい場合は

「リアル口座」で、もっとも安い購入額でトレードを繰り返して検証する

方が良いのです。少額トレードで「安定した利益」「安定した勝率」をあげられるようになってきたら、徐々に一回の購入額を引き上げていけば良いのです。

teacher

「リアル口座」で負ければ、少額とは言え「損失」が発生します。そのプレッシャーを感じながら、攻略法・必勝法を検証し、改善していくことで、自分なりの勝ちパターンが見えてくるのです。

その2.デモ口座ではバイナリーオプションのトレード条件を確認する

前述した通りで

デモ口座は

  • トレードプラットフォームの使い勝手を確認するもの

なのですが、同時に

  • バイナリーオプション業者のトレード条件をプラットフォーム上から確認する

こともできます。

ハイローオーストラリア/HighLowの場合

所在地セントビンセント及びグレナディーン諸島
認可セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
最大100,000円のキャッシュバックが抽選で当たるジャックポット
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

トレードプラットフォームの画面で

「HighLow」のタブをクリックすれば

  • 判定時刻:15分、1時間、1日
  • ペイアウト倍率:1.88倍

であることがわかります。

「HighLowスプレッド」のタブをクリックすれば

  • 判定時刻:15分、1時間、1日
  • ペイアウト倍率:2.00倍
  • スプレッド:±0.1pips

であることがわかります。

「Turbo」のタブをクリックすれば

  • 判定時刻:30秒、1分、3分、5分
  • ペイアウト倍率:1.88倍

であることがわかります。

「Turboスプレッド」のタブをクリックすれば

  • 判定時刻:30秒、1分、3分、5分
  • ペイアウト倍率:2.30倍
  • スプレッド:±0.1pips

であることがわかります。

「全ての資産」をクリックすれば

  • 対応通貨ペア:AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、NZD/JPY、USD/JPY

であることがわかります。

また、スプレッド取引が初めてであれば、実際にやってみることで

  • HIGHの判定レート
  • LOWの判定レート

の間に差「スプレッド」があることが確認できます。

ザオプション/the optionの場合

所在地マーシャル諸島
認可法人登記、エストニア金融情報機関(EFIU)
信託保全・分別管理分別管理
最低ペイアウト倍率1.77 倍
最高ペイアウト倍率2.00 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン初回入金で5,000円のキャッシュバック
10日以内に10回取引5,000円特別キャッシュバック
bitwalletでの5万円以上のご入金で5,000円のキャッシュバック
入金ボーナス最大40%
独自ツール高機能トレードプラットフォーム
・10以上のテクニカル分析指標
・複数チャート同時表示
・トレンドラインなどが引ける

  • テクニカル分析を適用するとどうやってチャートが移るのか?
  • どんなテクニカル分析が利用できるのか?
  • 時間足は何が設定できるのか?
  • 「転売」はどうやってやるのか?

などをチェックすることができます。

このように

  • 対応している通貨ペア
  • 対応している判定時刻
  • 実際に適用されるペイアウト倍率
  • トレード方法ごとのトレードの手順
  • チャートの見え方
  • 利用できるテクニカル分析
  • 利用できるチャートの見え方(ローソク足、折れ線グラフ)
  • 利用できるツール(投資家のトレードセンチメント)
  • 転売の仕方

などをチェックできるのが、バイナリーオプションのデモ口座のメリットなのです。

バイナリーオプションのトレード条件は、ウェブサイトに細かく掲載されているのが一般的ですが・・・

  • 条件が変わってしまっていて、デモ口座の方が最新である
  • そもそも、細かいトレード条件を記載していない
  • トレード条件を記載したページが見つからない
  • トレード条件が細かすぎてわからない

というケースもあるので、デモ口座でチェックをした方が「簡単」「最新」「正確」なのです。

バイナリーオプションのトレード条件を確認するときも、バイナリーオプションのデモ口座は有効なのです。

その3.アプリやスマホでトレードするなら、スマホでの使い勝手を確認する

バイナリーオプション業者では

  • トレードプラットフォームのスマホ対応
  • トレードプラットフォームのアプリ

を提供しています。

アプリやスマホでトレードすることを想定している投資家であれば、アプリやスマホでの操作性のチェックも、デモ口座でしておくべきなのです。

ハイローオーストラリア/HighLowの場合

所在地セントビンセント及びグレナディーン諸島
認可セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
最大100,000円のキャッシュバックが抽選で当たるジャックポット
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

起動画面

通貨ペア一覧

デモ口座

チャート画面

などを確認できます。

バイナリーオプションデモ口座・デモ取引のよくある質問

デモ口座やデモ取引から、いつリアル口座(本口座)に切り替えれば良いでしょうか?

前述した通りで

デモ口座でのデモ取引 ≠ リアル口座でのリアルトレード

は、「似て非なるもの」です。

デモ口座:操作性や取引条件を確認すべきもの

という位置づけで

実際のトレードは、はじめからリアル口座(本口座)を使うことをおすすめします。リアル口座(本口座)の取引金額(1回の購入金額)を大きく下げておけば、それほど大きな損失を発生せずにリアル口座でトレードすることができます。

国内バイナリーオプション業者であれば

  • 外為オプション/GMOクリック証券:1枚50円~999円
  • FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン:1枚50円~999円
  • オプトレ!/YJFX!:1枚10円~999円

となっていますが、一番現在価格に近いレートが500円前後になるため、1回のトレードは500円ぐらいかかると考えておけば良いでしょう。

海外バイナリーオプション業者であれば

  • ハイローオーストラリア/HighLow:最低1,000円
  • ザオプション/the option:最低1,000円
  • ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS:最低500円

と、1回1,000円でエントリーできるバイナリーオプション業者が多いのです。

「若干高いな。1回1,000円なら、100回トレードしたら、10万円必要なの?結構金がかかるなぁ」

man

と感じる方も多いかともいますが

海外バイナリーオプション業者の場合は、一般的な「ハイロー」であれば「運」でトレードしても、勝率は50%におさまっていきます。

100回トレードすれば、50勝50敗となる

ということです。

ペイアウト倍率がハイローオーストラリア/HighLowの1.88倍の場合

  • 100回のトレードでつかった資金 = 1,000円/回 × 100回 = 100,000円
  • 50勝分のペイアウト = 1,000円/回 × 50回 × 1.88倍 = 94,000円

損益:-6,000円

ですから

teacher

100回トレードして、6,000円の負けぐらいであれば、初心者の損失(勉強代)としては許容できる範囲と考えます。
それでも、安定して勝てるまではリアル口座を使いたくないという方は、「デモ口座」でのトレードを繰り返して、きちんと勝率が60%を超えるまでじっくり待ちましょう。ただし、取引履歴などは「デモ口座」では見れなくなってしまうため、トレードノートを記録して、勝率をきちんと把握しておく必要があります。

まとめ

バイナリーオプションのデモ口座とは?

  • 架空のお金でバイナリーオプションのトレードプラットフォームで、トレードをテストする「お試し口座」のこと

を言います。

バイナリーオプションのデモ口座を活用する方法は

  1. その1.デモ口座は、トレードプラットフォームの使い勝手をテストするもの!
  2. その2.デモ口座ではバイナリーオプションのトレード条件を確認する
  3. その3.アプリやスマホでトレードするなら、スマホでの使い勝手を確認する

というものがあり、あくまでも「確認」「チェック」「お試し」という利用法にとどめて、すぐにでも少額でリアル口座でトレードをすることをおすすめします。

teacher

デモ口座は、お金がかかっておらず、サーバー状況もリアル口座とは異なり、履歴も残らないので、バイナリーオプションの攻略法などをテストするにも、やれないことが多すぎるのです。無駄な時間を費やすよりも、少額で良いので、リアル口座でトレードをしながら、バイナリーオプションの攻略法を検証していくべきだと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です