【保存版】FXとバイナリーオプションを徹底比較。どちらが稼ぎやすいのか?

man
「FXトレードとバイナリーオプションは、どちらの方が稼ぎやすいですか?」
「そもそも、FXとバイナリーオプションはどのような違いがありますか?」

バイナリーオプションをすれば良いのか?FXをすれば良いのか?悩んでいる投資家の方も少なくありません。今回は、FXとバイナリーオプションを様々な角度から比較して「どちらが稼ぎやすいのか?」を明らかにします。

FXとバイナリーオプションを比較

FXとバイナリーオプションを比較

FXとバイナリーオプションを比較するときに、バイナリーオプションは、日本国内の業者が提供している「国内バイナリーオプション」と海外の業者が提供している「海外バイナリーオプション」を分けて考える必要があります。

なぜなら、「国内バイナリーオプション」と「海外バイナリーオプション」で取引方法が大きく異なるからです。

今回は「FX」「国内バイナリーオプション」「海外バイナリーオプション」の3つで比較してみます。

また、その中でも今回は「どちらが稼ぎやすいのか?」がポイントです。

「稼ぎやすさ」を測る指標としては

  1. 予想が当たったときの利益額(投資額に対する倍率)
  2. 予想の当てやすさ
  3. 取引機会の多さ

の3点が重要になります。

この3点フォーカスして、「FX」「国内バイナリーオプション」「海外バイナリーオプション」を比較します。

項目FX海外バイナリーオプション国内バイナリーオプション
判定タイミング平日24時間平日1日最大12回まで
判定時刻までの時間いつでも最短30秒最短2時間
ペイアウト倍率なし160%~200%1枚1,000円に固定
1~20倍
レバレッジあり。
国内:最大25倍
海外:200倍~3000倍
なしなし
儲ける方法為替レートがどちらに動くかを予想してエントリー(購入)
変動幅の大きい対ミイングでエグジット(売却)
判定時刻に為替レートがどちらに動くか予想して購入為替レートがどちらに動くか、かつ設定されたラインを判定時刻に超えているか?を予想して購入
儲けの決まり方エントリー額 × エグジット時点の変動幅判定時刻に予想が当たれば → 160%~200%の払い戻し判定時刻に予想が当たれば → 1,000円の払い戻し
損失の決まり方エントリー額 × エグジット時点の予想と逆方向の変動幅購入額の没収購入額の没収
払い戻しの変動幅の影響ありなしあり
通貨ペア20通貨ペア20通貨ペア5通貨ペア
最低購入額1,000通貨1,000円1枚50円~999円
儲けやすい相場トレンド相場レンジ相場トレンド相場
取引回数の制限なしなし1日最大12回まで

FXとバイナリーオプションは「予想した結果、得られる利益」が違う!

FXトレードの場合

  1. 投資額
  2. レバレッジ
  3. 予想した方向にどのくらい価格が動いたのか?

の3点で利益が計算されます。

FXトレードの場合 FXトレードの場合

出典:ジャパンネット銀行

  1. 投資額:1万円
  2. レバレッジ:10倍
  3. 予想した方向にどのくらい価格が動いたのか?:米ドル/円100円から101円に

を想定した場合

利益 = 1万円 × 10倍 × 100pips / 100 / 100 = 1,000円
  1. 投資額:1万円
  2. レバレッジ:10倍
  3. 予想した方向にどのくらい価格が動いたのか?:米ドル/円100円から100.01円に

を想定した場合

利益 = 1万円 × 10倍 × 100pips / 100 / 100 = 10円

となるのです。

※今回の資産では、業者側の手数料・スプレッドは除外して説明しています。

つまり、

  • 投資額が大きい
  • レバレッジが大きい(国内業者:最大25倍、海外業者:最大3000倍)
  • 予想した方向にどのくらい価格が動いたのか?が大きい

と、利益も大きくなる仕組みです。

国内バイナリーオプションの場合

  1. 投資額
  2. 購入時に設定されたペイアウト倍率
  3. 予想があったかどうか?

の3点で利益が計算されます。

国内バイナリーオプションの場合は、ペイアウト額が1,000円と決まっているため、

  • 難易度の高い予想 → 購入価格が安い(1円に近づく)
  • 難易度の低い予想 → 購入価格が高い(1,000円に近づく)

となっているのです。

国内バイナリーオプションの場合
  1. 投資額:1万円
  2. 購入時に設定されたペイアウト倍率:500円
  3. 予想があったかどうか?:予想当たり

を想定した場合

利益 = 1万円 × ペイアウト額:1,000円 / 購入額:500円 - 投資額:1万円 = 1万円
  1. 投資額:1万円
  2. 購入時に設定されたペイアウト倍率:100円
  3. 予想があったかどうか?:予想当たり

を想定した場合

利益 = 1万円 × ペイアウト額:1,000円 / 購入額:100円 - 投資額:1万円 = 9万円
  1. 投資額:1万円
  2. 購入時に設定されたペイアウト倍率:800円
  3. 予想があったかどうか?:予想当たり

を想定した場合

利益 = 1万円 × ペイアウト額:1,000円 / 購入額:800円 - 投資額:1万円 = 1,250円

国内バイナリーオプションの場合は

  • 難易度の高い予想(購入価格が安い)を当てれば、大きな利益になる
  • 難易度の低い予想(購入価格が高い)を当てても、利益は薄い

という関係にあります。

海外バイナリーオプションの場合

  1. 投資額
  2. 選んだ判定時刻・通貨ペアで設定されたペイアウト倍率
  3. 予想があったかどうか?

の3点で利益が計算されます。

海外バイナリーオプションの場合

海外バイナリーオプションの場合は、「判定時刻」「通貨ペア」「取引種類」によって、ペイアウト倍率が1.6倍~2.5倍の範囲内で設定されます。

  • 短い判定時刻 → ペイアウト倍率が低めの設定
  • 長い判定時刻 → ペイアウト倍率が高めの設定
  • スプレッドなし → ペイアウト倍率が低めの設定
  • スプレッドあり → ペイアウト倍率が高めの設定

という関係になります。

  1. 投資額:1万円
  2. 選んだ判定時刻・通貨ペアで設定されたペイアウト倍率:1.8倍
  3. 予想があったかどうか?:予想当たり

を想定した場合

利益 = 1万円 × ペイアウト倍率:1.8倍 - 投資額:1万円 = 8,000円
  1. 投資額:1万円
  2. 選んだ判定時刻・通貨ペアで設定されたペイアウト倍率:2.0倍
  3. 予想があったかどうか?:予想当たり

を想定した場合

利益 = 1万円 × ペイアウト倍率:2.0倍 - 投資額:1万円 = 1万円
  1. 投資額:1万円
  2. 選んだ判定時刻・通貨ペアで設定されたペイアウト倍率:2.2倍
  3. 予想があったかどうか?:予想当たり

を想定した場合

利益 = 1万円 × ペイアウト倍率:2.2倍 - 投資額:1万円 = 2.2万円

考察

FXトレードで利益を最大化するために重要な要素は

  • レバレッジの大きいFX業者
  • スプレッドの狭いFX業者
  • 勝率
  • どれだけ大きく予想を当てたか?

国内バイナリーオプションで利益を最大化するために重要な要素は

  • ペイアウト倍率の高い国内バイナリーオプション業者
  • 予想が当たるかどうか?≒勝率

海外バイナリーオプションで利益を最大化するために重要な要素は

  • ペイアウト倍率の高い海外バイナリーオプション業者
  • 予想が当たるかどうか?≒勝率

となっています。

バイナリーオプション業者のコストは、ペイアウト倍率に内包されているため、バイナリーオプション業者選びは、ペイアウト倍率にフォーカスすれば良いので、比較的わかりやすく優良業者を選ぶことができます。

FXとバイナリーオプションは「予想を当てる難易度」が違う!

FXとバイナリーオプションは「予想を当てる難易度」が違う!

FXトレードの場合

基本的に予想が当たるか、外れるかは、2択なので約50%(※実際はスプレッド分があるから勝率は下がる)の確率で予想は当たります。

ただし、FXトレードは、予想が当たっただけでは利益は少なく、「どれだけ大きく予想した方向に為替が動いたのか?」が重要なのです。

米ドル/円100円から100.01円になった予想を当てただけでは、前述の条件では

利益 = 1万円 × 10倍 × 100pips / 100 / 100 = 10円

米ドル/円100円から101.00円になった予想を当てれば

利益 = 1万円 × 10倍 × 100pips / 100 / 100 = 1,000円

ですから、

「大きく予想を当てなければならない。」という意味で、難易度は高くなっているのです。

国内バイナリーオプションの場合

難易度に応じて、いろいろなコースが用意されています。

国内バイナリーオプションの場合

現在価格(119.554)に近い判定コース(119.550)を選んだ場合は、勝率が50%に近づきます。

利益 = 1万円 × ペイアウト額:1,000円 / 購入額:505円 - 投資額:1万円 = 9,810円

現在価格(119.554)から通り判定コース(119.300)を選んだ場合は、勝率が10%を切ります。

利益 = 1万円 × ペイアウト額:1,000円 / 購入額:73円 - 投資額:1万円 = 126,983円

「勝率」と「ペイアウト倍率」は、相関関係にあるため、収益の期待値は同じという見方ができます。

  • 勝率50%で約2倍のペイアウト倍率
  • 勝率10%で約10倍のペイアウト倍率

どちらを選んでも、結果は同じということです。

海外バイナリーオプションの場合

海外バイナリーオプションの場合は、「現在価格」から、判定時刻に「上になるか?下になるのか?」のシンプルなトレードです。

海外バイナリーオプションの場合

そのため、「運」でトレードしても、勝率は50%となります。

※一部のスプレッド取引では、勝率は下がります。

考察

  • FXトレードは、大きく予想を当てないと大きな利益は見込めない
  • バイナリーオプションは、0.01円でも予想した方向に動けば、約2倍のペイアウト倍率が見込める

と、「バイナリーオプション」の方が予想を当てやすいという優位性がありますが

  • FXトレードは、大きく予想を当てた場合、天井なしで10倍、100倍になる可能性もある
  • バイナリーオプションは、勝率50%のトレードのペイアウト倍率は約2倍。それ以上にはならない

ため、「FXトレード」の方が1回のトレードで収益を大きく稼げる優位性があるのです。

また

  • 「FXトレード」は、大きく予想を当てる必要性があるため、トレンド相場で稼ぎやすく
  • 「バイナリーオプション」は、少しの値動きでも予想さえ当てれば良いので、レンジ相場で稼ぎやすい

という特徴があります。

FXとバイナリーオプションは「トレード機会」が違う!

FXとバイナリーオプションは「トレード機会」が違う!

FXトレード

月曜日から金曜日(日本時間では土曜日の午前中)まで、24時間トレードが可能です。

いつでも、エントリーできるので、トレード機会は無限大と言っていいでしょう。

国内バイナリーオプション

国内バイナリーオプション業者は、バイナリーオプション規制が適用されるため、2時間おきの判定時刻しか設定できません。

国内バイナリーオプション

判定時刻の設定が多い国内バイナリーオプション業者でも、1日12回程度です。

※「転売」という方法もありますが、転売のスプレッドは100円(1,000円に対して100円、つまり10%は手数料が発生する)ですので、現実的なトレード手法ではありません。

海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプション業者も、FX同様にいつでもトレードが可能です。

FXトレードの平日24時間とまではいきませんが、1日1時間程度のシステムメンテナンス時間を除けば、ほぼ24時間の取引が可能になっています。

海外バイナリーオプション

判定時刻も、エントリー時点から○秒後、○分後ですので、ほぼ無限大にトレード機会があります。

考察

トレード機会で言えば

  • FXトレード
  • 海外バイナリーオプション

が、ほぼいつでもトレードできる無限大のトレード機会を有しています。

本当の意味でトレードのチャンスとなると、レンジ相場でも、トレンド相場でも、勝ちやすい海外バイナリーオプションの方が、FXトレードより優れているとも言えます。

国内バイナリーオプションが1日12回というかなり少ないトレード機会になってしまいます。2時間おきにしか判定時刻がないので、サラリーマンや主婦の方では、1日1回、2回しかトレードできません。

トレード機会が圧倒的に少ないため、稼ぎにくいのは国内バイナリーオプションです。

FXとバイナリーオプションを徹底比較。どちらが稼ぎやすいのか?

稼ぎやすいのは

勝率:50%で、ペイアウト倍率が1.8倍~1.9倍に設定されていて、トレード機会も多い「海外バイナリーオプション」です。

勝率:50%というのは、「運」だけでトレードした場合で、勝率をテクニカル分析などでたった5%でも上げられれば、勝率55%で利益が出る設定なのです。

海外バイナリーオプションで稼ぐためには

ペイアウト倍率が高い海外バイナリーオプション業者を選ぶ

必要があります。

海外バイナリーオプションに次いで稼ぎやすいのは「FXトレード」です。

予想を大きく当てる必要があるため、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析を駆使して、トレードスキルを磨く必要がありますが、予想が大きく当たれば、得られる収益は「バイナリーオプション」の比ではないのです。

FXトレードで稼ぐためには

  • レバレッジが高いFX業者
  • スプレッドが狭いFX業者

が必要になりますが、国内FX業者の場合は、レバレッジの上限が25倍に制限されているため、海外FX業者をおすすめします。

一番稼ぎにくいのは「国内バイナリーオプション」です。

「トレード機会が少ない」ことが最大のネックであり、投資家の機会損失になります。

「FXトレード」も、「海外バイナリーオプション」も、同じテクニカル分析を駆使して稼ぐ共通点があるため

  • トレンド相場 → 海外FX
  • レンジ相場 → 海外バイナリーオプション

という使い分けや

  • 自分のトレード手法が固まるまで → 海外バイナリーオプション
  • 自分のトレード手法が固まってから → 海外FX

というように状況に応じて併用する形もおすすめです。

teacher

資産額が数百万と大きくなればなるほど、海外業者のリスクは高まってくるので、資産が増えた状態では、国内FX業者に資金を移してトレードをすると良いでしょう。

FXにも、バイナリーオプションにも、メリットデメリットがあるため、特徴を理解して、状況に応じて使い分けることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です