バイナリーオプションの勝ち方7選。どうすれば勝てるのか?勝ち方のコツとは?

man
「バイナリーオプションの勝ち方を教えてください。」
「バイナリーオプションはどうすれば勝てますか?」
「バイナリーオプションの勝ち方のコツはありますか?」

バイナリーオプションの勝ち方が多くの投資家が知りたいことだと思います。今回は、バイナリーオプションの勝ち方を解説します。

バイナリーオプションの勝ち方

バイナリーオプションの勝ち方

勝ち方その1.バイナリーオプションは「海外バイナリーオプション業者」で勝つ!

バイナリーオプションの場合には

  • 日本国内の証券会社・FX会社が提供しているバイナリーオプション「国内バイナリーオプション」
  • 海外の企業が提供しているバイナリーオプション「海外バイナリーオプション」

があります。

国内バイナリーオプションは、2013年に自主規制を導入したため

規制前

現在レートから、○分後に上がったか?下がったか?のシンプルな2択「ハイロー」が主流

予想が当たれば、購入額の1.8倍~1.9倍の払い戻し
予想が外れれば、没収

規制後

はじめに判定レートを選んで、判定時刻にその判定レートよりも上がったか?下がったか?を当てる「ラダーオプション」が主流

予想が当たれば、判定レートと購入時点のレートの距離に応じたペイアウト倍率倍の払い戻し
予想が外れれば、没収

になってしまいました。

簡単に違いを言えば

規制前

1ドル:105.20円のときに「HIGH」を購入

  • 判定時刻に1ドル105.21円になった → 購入額の1.8倍~1.9倍の払い戻し
  • 判定時刻に1ドル105.65円になった → 購入額の1.8倍~1.9倍の払い戻し
  • 判定時刻に1ドル106.75円になった → 購入額の1.8倍~1.9倍の払い戻し
小さな変動でも、予想が当たりさえすれば、約2倍の払い戻し
規制後

1ドル:105.20円のときに「HIGH」を購入

  • 判定時刻に1ドル105.21円になった → 購入額の1.05倍の払い戻し
  • 判定時刻に1ドル105.65円になった → 購入額の1.5倍の払い戻し
  • 判定時刻に1ドル106.75円になった → 購入額の2.5倍の払い戻し
選んだ判定レートの難易度によってペイアウト倍率が変動。大きな変動で、予想を当てないとペイアウト倍率が低い

状態になってしまいます。

現在の国内バイナリーオプションは「大きく予想を当てないと勝てない仕組み」になってしまったのです。

teacher
  • 予想が当たった幅が大ききれば、大きな勝ち
  • 予想が当たった幅が小さければ、小さな勝ち

という現行の仕組みであれば、わざわざ、バイナリーオプションをする必要はなく、FXトレードで十分なのです。

バイナリーオプションが儲けやすい理由は

小さな為替変動でも、約2倍の払い戻し = 小さな変動であっても、当てさえすれば良い

ことなのですが、国内バイナリーオプションは、規制によってそれを放棄してしまったため

バイナリーオプションで勝ちたいのであれば、以前の方式でバイナリーオプショントレードができる海外バイナリーオプション業者を選ぶべきなのです。

海外バイナリーオプション業者にも

  • 信頼性に不安が残る
  • 出金に不安がある

というデメリットやリスクはありますが、これは信頼性の高い海外バイナリーオプション業者を選ぶことで、多少は回避できます。

元々のバイナリーオプションの魅力である「勝ちやすさ」を実現するためには、予想を当てさえすれば大きなペイアウトが見込める海外バイナリーオプション業者を使う必要があるのです。

海外バイナリーオプション業者の中にも、「レンジ取引」「スプレッド取引」で、通常の「ハイロー取引」よりも、高いペイアウト倍率(2.0倍~2.5倍)が設定されているものもありますが、基本的に勝率が落ちてしまうので、通常のシンプルな2択の「ハイロー取引」を利用すべきです。

勝ち方その2.バイナリーオプションは「テクニカル分析」で勝つ!

当サイトでも、何度も解説していますが

バイナリーオプションは「運」でトレードしていては、必ず負けます。

海外バイナリーオプションの場合

teacher
1回、2回、10回ぐらいまでのトレード回数であれば、強運で勝ち越すことができるかもしれませんが、100回、1000回とトレード回数が増えれば増えるほど、勝率は50%(引き分けが負けの場合は、49.数%)に近づいていくため、通常の「ハイロー」では、ペイアウト倍率が2.0倍よりも低く設定されるので、絶対に損をするのです。

当たり前ですが、海外バイナリーオプション業者の取り分がある以上、「運」でトレードする勝率50%では利益はでないのです。

そこで利用するのが「テクニカル分析」です。

テクニカル分析とは
チャートの形状を分析することによって、近い未来のチャート推移を予測する分析方法のこと

を言います。

FXやバイナリーオプションなどの為替に関する投資では

  • テクニカル分析:チャート形状から今後の為替変動を予想する分析方法
  • ファンダメンタルズ分析:経済のトピックやニュース、動向から今後の為替変動を予想する分析方法

があるのですが

ファンダメンタルズ分析は、長期投資向けの分析方法であり、数カ月~数年という長期保有が前提になるため、バイナリーオプションのトレードには向いていないのです。

必然的に、バイナリーオプションでは「テクニカル分析」を選択する必要があり、「テクニカル分析」を駆使することで、運でトレードする勝率50%から、55%、60%、65%と、勝率を上げることで利益を出すことができるのです。

バイナリーオプションで勝つためには「テクニカル分析」を駆使する必要があると考えましょう。

「テクニカル分析」をするときには、FXの無料ツールである「MT4・MT5(メタトレーダー)」を利用することをおすすめします。「MT4・MT5(メタトレーダー)」は、高機能な分析機能があり、多くのテクニカル分析のインジケーターが無料、有料でリリースされているため、テクニカル分析をするのには、おすすめのツールとなっています。

勝ち方その3.バイナリーオプションは「順張り」で勝つ!

テクニカル分析の投資方法の分類には、大きく分けて

  • 順張り:トレンドの方向に合わせて、ポジションを持つトレード手法
  • 逆張り:トレンドの方向と逆方向に、ポジションを持つトレード手法

という2つの方法が存在します。

FXトレードであれば

順張りの特徴

トレンドの方向に合わせてポジションを持つので

  • 予想が当たりやすい

トレンドが始まってから、エントリーするので

  • 勝ち幅が小さい(予想が当たっても、収益が低い)
逆張りの特徴

トレンドの方向と逆にポジションを持つので

  • 予想が当たりにくい

トレンドの始まりから、エントリーできるので

  • 勝ち幅が大きい(予想が当たれば、収益が大きい)

のですが

バイナリーオプション(海外バイナリーオプション)の場合

予想が当たった幅と収益は、関連性がありません。

1ドル:100.00円 → 1ドル:100.01円(+1.0pips)
1ドル:100.00円 → 1ドル:103.00円(+300.0pips)

になっても、ペイアウト倍率には違いがないのです。

つまり、FXトレードであれば大勝を狙って「逆張り」を狙う意味があるのですが、バイナリーオプションの場合には「逆張り」をして、大きな勝ち幅になっても、ペイアウト倍率が変わらないので意味がないのです。

だとすれば、バイナリーオプションで選ぶべきは「順張り」を利用したトレード手法なのです。

わざわざ、勝率の低い「逆張り」を狙う必要性がありません。

勝ち方その4.バイナリーオプションは「自分に合ったトレード手法を見つけて」勝つ!

バイナリーオプションの「テクニカル分析」の数というのは、1,000種類以上存在します。

誰が、どんな通貨ペアで、どんな状況で、使用しても勝てる「テクニカル分析」というのは極めて少なく

自分のトレード手法にあった
自分がトレードする時間帯にあった
自分がトレードする通貨ペアにあった
自分のトレードに関する姿勢や考え方にあった

「テクニカル分析」を見つけないと、安定的に勝ち続けることはできないのです。

それを見つける方法としては

  • できるだけ多くの「テクニカル分析」を試してみる
  • 試すときはリアル口座で試す(デモ口座は、通常の違う値動きや心理状態になるため、参考にならない)
  • 一番ミニマム、最低額でのトレードで試す
  • トレード結果をトレードノートに記録しておく

→ 一番結果の良かったトレード手法(テクニカル分析)があなたに合ったトレード手法

となるのです。

1個や2個、トレード手法を試してみただけでは、自分にあったトレード手法を見つけることはできず、「全然、勝てないじゃん。」とあきらめるだけの結果で、無駄金を浪費しただけに終わってしまいます。

最低額のトレードで良いので、10個、20個、トレード手法を試していけば、必ず安定した勝率が挙げられる、あなたに合ったトレード手法が見つかるはずです。

勝ち方その7.バイナリーオプションは「PDCA」で勝つ!

自分にあった「トレード手法」が見つかったら、次にすべきことは「自分なりのカスタマイズ」です。

よりトレード機会を増やすためにどうすれば良いのか?
よりトレードの勝率を上げる(精度をあげるために)どうすれば良いのか?

仮設を立てて

1週間その方法を試してみる

以前と比較して、良くなっていたら「採用」
以前と比較して、悪くなっていたら「不採用」

という「PDCA(仮説 → 実行 → 検証 → 改善)」を繰り返すことで、どんどん精度が高くなっていくはずです。

「PDCA」を回すために必要なのは「トレードノート」です。実際のノートでも、エクセルでも、アプリでも、構いませんが、トレードの記録を正確に付けることで、仮設検証が可能になるのです。トレードノートは、PDCAに必要不可欠なツールです。

勝ち方その6.バイナリーオプションは「トレードツールと組み合わせて」勝つ!

基本的には、「テクニカル分析」を極めることで、十分に安定した勝率、安定した収益を記録することができます。

さらにその精度を高める方法として

  • 未来予測ツール
  • オートチャーティスト
  • オープンオーダー/オープンポジション
  • トレーダーセンチメント

をおすすめします。

簡単に説明すると

  • 未来予測ツール → 現在チャートと近似している過去のチャートの推移から、近い未来の為替変動を予想するツール
  • オートチャーティスト → チャートパターンを自動検出して、近い未来の為替変動を予想するツール
  • オープンオーダー/オープンポジション → 投資家がどの価格帯に注文を入れているのか?が見れるツール
  • トレーダーセンチメント → 投資家がどの価格帯に注文を入れているのか?が見れるツール

となっています。

どれも、それだけでトレード手法になるぐらい高い精度を誇り、かつ無料で利用できるツールです。

「テクニカル分析」と「無料のトレードツール」を組み合わせて、トレードすることでより高い精度のトレードが可能になり、勝率が上げられるのです。

勝ち方その7.バイナリーオプションは「マネーマネジメント」で勝つ!

資産管理(マネーマネジメント)とは
トレードの資産を管理すること

を言います。

バイナリーオプショントレードにおける予算管理のようなものです。

数学者のラルフ・ビンス教授がおこなった実験では

  • 勝率が60%になるコンピューターゲームを100回してもらう
  • 手持ち資金は1000ドルで、毎回好きなだけ賭けてよい

というルールで、40人の生徒がテストしたところ、元本を増やすことができたのは2人だけ、という結果が出ています。

勝率60%というゲームなのに、資金が残らない結果になったのは

  • 負けるときに大きな賭けをしてしまった。
  • 負けたら、取り戻そうとして大きな賭けをしてしまった。

つまり、「予算管理」がしっかりしていなかったからなのです。

バイナリーオプションのテクニカル分析を極めて、高い勝率のトレードが可能になったとしても、このマネーマネジメントがしっかりしていないと、収益が残らないのです。
資産管理(マネーマネジメント)のコツは
投資資産の○%を一回の投資金額とする

という決め方です。

  • 勝て資産が増えると、一回の投資金額は増える
  • 負けて資産が減ると、一回の投資金額は減る

という形でトレードすることによって、割合が1.0%なら、常に100回分のトレード余力が確保できているので、負け続けて資金がなくなることを防げるのです。

  • 資産が多い方は、1.0%~2.0%がおすすめ
  • 資産が少ない方は、2.0%~5.0%がおすすめ

となっています。

「投資資産の1%~5%を一回の投資金額とする」ルールを導入することで、心理状態に左右されずに、常に安定したトレード機会の余裕をもって、トレードができ、50%を超える勝率のトレード手法があれば、資産が増えていく仕組みが作れるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です