バイナリーオプション初心者の勝てない理由7選。勝つための対策も合わせて解説

man
「バイナリーオプションが全然勝てないんだけど・・・。」
「バイナリーオプションって儲けられないんでしょ?」
「どうしたら、バイナリーオプションで勝てるようになりますか?」

「バイナリーオプションで勝てない」と嘆いている初心者の方も少なくありません。今回は、バイナリーオプションで勝てない理由を解説し、勝つための対策も合わせて解説します。

バイナリーオプション初心者の勝てない理由

バイナリーオプション初心者の勝てない理由

理由その1.「運」でトレードしている!

バイナリーオプションは、スピードくじではありません。

「運」でトレードしている以上は「大数の法則」があるため、トレードを繰り返せば繰り返すほど、勝率は50%に近づいてしまいます。

大数の法則とは
大数の法則とは
サイコロの目を振って、1が出る確率は、試行回数を増やせば増やすほど、6分の1に近づいていく

という法則のことです。

「High」「Low」の2択のバイナリーオプションですから、「運」でトレードすればするほど、勝率は50%に近づいていくのです。

ペイアウト倍率が2倍であれば、収支がプラスマイナスゼロになりますが、ペイアウト倍率2倍ではバイナリーオプション業者の利益がでないので、大抵は1.8倍~1.9倍に設定されています。

つまり、「運」でトレードすればするほど、必ず負けてしまうことになるのです。

勝てない理由に対する対策

「運」ではなく、「テクニカル分析」で予想してトレードする

「運」でトレードすれば、勝率は必ず50%になってしまいます。バイナリーオプションの投資対象は「外国為替(通貨)」なのです。

FXトレードと同様に、為替は予測・予想できるので、チャートを分析して予想する「テクニカル分析」を利用すれば、勝率は50%から、55%、60%、65%に引き上げることができるのです。

理由その2.国内バイナリーオプション業者でトレードしている!

国内バイナリーオプション業者が絶対にダメというわけではありませんが、「勝ちにくい」のは事実です。

なぜなら、国内バイナリーオプションは、海外バイナリーオプションのような純粋な2択ではなく、複雑な取引方法を採用しているからです。

海外バイナリーオプションの特徴

海外バイナリーオプションの特徴

購入した時点から○分後に現在レートよりも「HIGH」か?「LOW」か?を予想する
予想が当たれば → 約2倍の払い戻し
予想が外れれば → 0円で没収

国内バイナリーオプションの特徴

国内バイナリーオプションの特徴

複数の判定レートを選んで、判定時刻にその判定レートよりも「HIGH」か?「LOW」か?を予想する
予想が当たれば → 1,000円の払い戻し
予想が外れれば → 0円で没収

  • 判定レートが現在レートと離れていると → 購入価格が安く、ペイアウト倍率が高い
  • 判定レートが現在レートと近いと    → 購入価格が高く、ペイアウト倍率が低い

という違いがあります。

海外バイナリーオプションは

  • 1ドル:100.536円 → 1ドル:100.537円

になっても、ペイアウト倍率が約2倍ですが

国内バイナリーオプションは

  • 1ドル:100.536円 → 1ドル:100.537円

では、予想が当たっても、利益はできないのです。

予想の幅に応じて、ペイアウト倍率が変わってくるため、単純な二者択一ではないのが現在の「国内バイナリーオプション」です。

これでは、なかなか勝てないのも当然なのです。

勝てない理由に対する対策

シンプルな2者択一の海外バイナリーオプション業者を利用する

単純に「現在レートから上がるか?下がるか?」だけを前述した「テクニカル分析」で予想すれば良いだけなので、海外バイナリーオプションの方が攻略がしやすいのは事実です。

バイナリーオプション初心者こそ、海外バイナリーオプションからトレードをはじめるべきなのです。

理由その3.トレードノートをつけていない!

バイナリーオプションに限らず、投資の正解では「PDCA」が重要になります。

  1. Plan(仮説)
  2. Do(実行)
  3. Check(検証)
  4. Aciton(改善)

というサイクルです。

バイナリーオプションに置き換えれば

  1. Plan(トレード攻略法・仮説を設定する)
  2. Do(仮説通りに実行に移す)
  3. Check(トレード攻略法の結果を検証する)
  4. Aciton(検証結果をもって、トレード攻略法を改善・改良する)

ということが重要になるのです。

この「PDCA」を意識しないでトレードしてしまうと、「テクニカル分析」を使っていたとしても

  • 使っているトレード攻略法に効果があったのか?
  • 使っているトレード攻略法に効果がなかったのか?
  • 使っているトレード攻略法を使い続けるべきか?
  • 使っているトレード攻略法をどう改善すれば良いのか?
何のデータもないまま、トレードしても、勝率は上がらないのです。

勝てない理由に対する対策

トレードノートをつける

ことが非常に重要なポイントです。

トレードノートには

  • エントリーの前に利用するトレード攻略法の概要
  • エントリー前に考えた仮説
  • エントリー時の価格
  • エントリー時のチャート画面
  • エントリー結果
  • 判定時のチャート画面
  • 考察

などを記録すると良いでしょう。

理由その4.いろいろなトレード攻略法を知らない!利用しない!

バイナリーオプションの攻略法 = テクニカル分析手法

のことですから、何千、何万という種類があります。

man
「はじめて買った本に書いてあった攻略法だけを使って、うまくいかない」
「友人や知人に教えてもらった攻略法だけを使って、うまくいかない」
「儲かっているという投資家のブログに書いてあった、攻略法だけを使って、うまくいかない」

ということは、往々にして起こります。

投資家と、トレード攻略法にも、相性があり、一つのトレード攻略法だけで、成功するのは至難の業なのです。

一つのトレード攻略法だけで、勝負しようとすると、勝てない可能性もが大いにあるのです。

勝てない理由に対する対策

複数のトレード手法を試してみるべき!

1つ、2つではなく、4つ、5つ、それ以上のトレード攻略法を試してみるべきです。

投資コストを最小限の数百円、多くても千円程度にしておけば、複数のトレード攻略法を試しても、大きな損失にはならないはずです。

また、多くのトレード攻略法を理解して、試すことで、自分なりの得意なパターンや、考え方が醸成されるのです。

理由その5.資金管理ができていない!

「資金管理」のことを投資の世界では「マネーマネジメント」と言います。

数学者のラルフ・ビンス教授は、下記のような実験をしています。

  1. 勝率が60%になるコンピューターゲームを100回してもらう
  2. 手持ち資金は1000ドルで、毎回好きなだけ賭けてよい
woman
「勝率60%なら、誰でも利益が出るんじゃないの?」
「勝率60%なら、どうやっても利益が出るんじゃないの?」

と思ってしまいがちですが、結果は

元本を増やすことができたのは40人中たった2人

でした。

95.0%の人は、損をしてしまったのです。

これが「マネーマネジメントが投資で稼ぐためには重要」と言われる理由です。

なぜ、このような結果になったかというと・・・

実験では

  • 「安定した金額の賭けができない。」
  • 「勝つときよりも、負けたときの方が高額を賭けている。」

ことが原因でした。

負けはじめてしまうと、冷静さを失い、取り戻そうと高額の賭けをして、より傷口を広げてしまうのです。

もし、ずっと1ドルだけを投資していれば、勝率60%なのですから、絶対に元本は増えていたはずなのです。

投資では、心理的な問題で、安定した投資家できず、負けてしまう方も多くいます。バイナリーオプション初心者が勝てない理由の一つになっているのです。

勝てない理由に対する対策

エントリーする金額を一定にする

軍資金が12万円あるのであれば

  • 3カ月はバイナリーオプションを継続する
  • 平日トレードをする
  • 経験値を増やすためにできるだけ多くのトレードをこなす

と決めてしまえば

1日のトレード予算 = 12万円 / 3カ月 / 20日(1カ月お営業日) = 2,000円

となります。

1日にトレードして良い回数は

  • 1回のトレード金額:1,000円の業者 → 最大2回まで
  • 1回のトレード金額:500円の業者 → 最大4回まで
  • 1回のトレード金額:100円の業者 → 最大20回まで

と決まってくるのです。

利益が3カ月以上継続して出せまでは、投資額を変えない

としておけば、資金管理(マネーマネジメント)ができていることになります。

後は、安定した勝率さえ作れれば、元本は増やせることになるのです。

理由その6.「スマホ」でトレードしている!

国内バイナリーオプション業者も、海外バイナリーオプション業者も、スマホアプリ、スマホサイトでトレードできる環境を提供しています。

理由その6.「スマホ」でトレードしている!

スマホサイト、スマホアプリでトレードして稼いでいる投資家も多いのですが、バイナリーオプション初心者にとっては、デメリットも多いことに注意が必要なのです。

スマホサイト・スマホアプリでトレードするデメリット

  • 手軽にトレードができすぎてしまう
  • 通勤、通学、待ち合わせ、昼休みの隙間時間についついトレードをしてしまう
  • 画面が小さく、分析がしにくい
  • 画面が一つしか同時に表示できないので、分析ツールとトレードプラットフォームの併用が難しい
  • 外出先などでトレードをすると、予定外の連絡などでトレードが中断されやすい
  • 日々、決まった曜日、決まった時間にトレードしないことになるため、傾向がつかめない

などがあるのです。

パソコンでバイナリーオプションをトレードしようとすれば

  • パソコンの前にいる時間帯でトレードするしかない
  • 家に帰ってきてからトレードするしかない
  • 決まった時間にトレードするしかない

と、一見、制約が多くなってしまうのですが、その分、安定したトレードができる可能性が高いのです。

  • MT4・MT5(メタトレーダー)
  • オートチャーティスト

などの分析用のツールと

  • トレードプラットフォーム

を同一画面で見ることができるので、エントリーの精度も上がるのです。

勝てない理由に対する対策

家でパソコンで、同じ時間にトレードをする

理由は前述した通りで、手軽に、簡単に、いつでも、どこでも、トレードできるスマホサイト・スマホアプリは便利なことは間違えありませんが、バイナリーオプション初心者にとっては、誘惑が多く、勝率が安定しない難しいものです。

安定して勝てるようになるまでは、自宅のパソコンで同じ時間にトレードするなど、決まったルーティーンを作ることが重要です。

勝てない理由に対する対策

理由その7.ペイアウト倍率が高いけど、勝ちにくいトレード方法を利用している!

バイナリーオプション初心者が勝つためには、国内バイナリーオプションよりも、海外バイナリーオプションを選ぶべきと言いましたが、海外バイナリーオプションにも、ペイアウト倍率が高い分、勝ちにくいトレードが存在します。

例:ハイローオーストラリア/HighLow

所在地マーシャル諸島共和国
認可マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
信託保全・分別管理信託保全
ナショナルオーストラリア銀行
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

ハイローオーストラリアには、4つのトレード方法があり、ペイアウト倍率が異なります。

例:ハイローオーストラリア/HighLow
  1. HIGHLOW ペイアウト倍率:1.85倍~1.95倍
  2. スプレッドHIGHLOW ペイアウト倍率:2.00倍
  3. Turbo ペイアウト倍率:1.85倍~1.95倍
  4. Turboスプレッド ペイアウト倍率:2.00倍~2.30倍

これだけ見ると、一番ペイアウト倍率が高い「Turboスプレッド」が良さそうに見えてしまいますが

Turboスプレッドは

例:ハイローオーストラリア/HighLow
  • 短期取引(30秒、1分、3分、5分)
  • スプレッド(当たらない部分が±0.1pips)

あるトレードです。

  • 短期取引は、テクニカル分析が効きにくい
  • スプレッド取引は、運でやっても、勝率は50%よりも下がる

取引ですので、なかなかバイナリーオプション初心者では勝てないのです。

勝てない理由に対する対策

ペイアウト倍率が低くても

  • スプレッドがない
  • 比較的判定時刻までの時間が確保できる(テクニカル分析が効きやすい)

HIGHLOW ペイアウト倍率:1.88倍

を選ぶべきなのです。

目先のペイアウト倍率に騙されないように注意が必要です。

まとめ

バイナリーオプション初心者の勝てない理由には

  1. 理由その1.「運」でトレードしている!
  2. 理由その2.国内バイナリーオプション業者でトレードしている!
  3. 理由その3.トレードノートをつけていない!
  4. 理由その4.いろいろなトレード攻略法を知らない!利用しない!
  5. 理由その5.資金管理ができていない!
  6. 理由その6.「スマホ」でトレードしている!
  7. 理由その7.ペイアウト倍率が高いけど、勝ちにくいトレード方法を利用している!

という理由があります。

teacher
初心者が勝てないのには必ず理由があります。別の対策を見ながら、一つずつ勝てない理由をつぶして、バイナリーオプションで稼げるように動きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です