国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの取引方法の違い・どちらが勝ちやすいのか?を丁寧に比較解説

woman
「国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションって何が違うの?」
「国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションってどちらが稼ぎやすいの?」
「国内バイナリーオプションのメリットデメリットを教えてください。」
「海外バイナリーオプションのメリットデメリットを教えてください。」

今回は、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの取引方法の違いを丁寧に比較しながら解説します。

はじめに理解すべきこと

数年前は

「国内バイナリーオプション」と「海外バイナリーオプション」は、同じ取引方法を採用していました。

しかし、

バイナリーオプション業者によるワーキンググループが自主規制を検討し、内閣府令によって公的規制が導入され、以前のバイナリーオプションの取引方法は、使えなくなったのです。

つまり、バイナリーオプション業者の自主規制によって

  • 国内バイナリーオプション → 規制後のルール
  • 海外バイナリーオプション → 規制前のルール(海外バイナリーオプションは、バイナリーオプション規制の対象ではない)

という違いが発生し、「国内バイナリーオプション」と「海外バイナリーオプション」の取引方法に大きな違いができるようになったのです。

海外バイナリーオプションの取引方法とは?

海外バイナリーオプションの取引方法とは

エントリーして○分後、○時間後に現在レートから「上がるか?」「下がるか?」を予想するシンプルな2択のトレード

予想が当たれば → ペイアウト倍率1.6倍~2.4倍の払い戻し
予想が外れれば → 没収(エントリーした金額は0円に)

例 例 例

出典:ハイローオーストラリア

海外バイナリーオプション、以前の国内バイナリーオプションで採用されていたのはシンプルな2択の「ハイローオプション」と呼ばれるもので

1ドル:100円だとしたら

  • 1ドル:100.000円 → 1ドル:100.001円

という0.1pipsの値動きでも、予想が当たれば投資額が約2倍になる特徴があるのです。

海外バイナリーオプションは

「どれだけ予想が当たったのか?」という値動きの幅は、払い戻しに関係がなく、「上がったか?」「下がったか?」だけを考えれば良い、シンプルな取引

なのです。

シンプルで、最短30秒というスピードで判定できるがゆえに、スピードくじ感覚でトレードする方も多く、結果として、国内バイナリーオプション業者は、自主規制に踏み切ったのです。

国内バイナリーオプションの取引方法とは?

国内バイナリーオプションの取引方法とは

複数の目標レート(権利行使価格)から、好きなもを選択して、判定時刻(満期)にその目標レートよりも「上がるか?」「下がるか?」を選択肢するトレード

予想が当たれば → ペイアウト1,000円の払い戻し
予想が外れれば → 没収(エントリーした金額は0円に)

というものです。

ペイアウト額が1,000円と固定されているため

選択する目標レート(権利行使価格)によって、購入額が違う

のです。

例 例

現在レート:117.055円
目標レート:117.220円

の場合

目標レート:117.220円より上がると予想(円安)

  • 購入額:416円(ペイアウト倍率2.40倍)

目標レート:117.220円より下がると予想(円高)

  • 購入額:684円(ペイアウト倍率1.46倍)

となります。

当然、現在レートは、目標レートよりも、下(円高)にあるので、そのまま行く可能性が高いため、円高(下がる)の購入額は高く、ペイアウト倍率は1.48倍と低くなっています。逆に、現在レートは、目標レートよりも、下(円高)にあるので、目標レートよりも上(円安)になる可能性が低いため、円安(上がる)の購入額は安く、ペイアウト倍率は2.40倍と高くなっています。

国内バイナリーオプションは

「現在レートと目標レートがどれだけ離れているのか?」予想の難易度によって、ペイアウト倍率が変動する仕組み

と言えます。

予想が当たるときの変動幅(難易度)に応じて

  • 変動幅が小さい → ペイアウト倍率は限りなく1倍に近づく
  • 変動幅が大きい → ペイアウト倍率は2倍~最大20倍になる

のです。

また、判定時刻との関係でも、ペイアウト倍率が動きます。

  • 判定時刻よりも1時間~2時間前で、目標レートと近い:1.5倍~2.5倍のペイアウト倍率
  • 判定時刻よりも1時間~2時間前で、目標レートと遠い:約5倍のペイアウト倍率
  • 判定時刻の直前で、目標レートと近い:1.0倍~1.2倍のペイアウト倍率
  • 判定時刻の直前で、目標レートと遠い:約20倍のペイアウト倍率

と、判定時刻に近づくほど、確実性の高い目標レートのペイアウト倍率は、1倍に近づいていきます。

一見、ペイアウト倍率が高くなることがメリットのように感じますが・・・

1ドル:100円だとしたら

1ドル:100.000円 → 1ドル:100.001円

では、ペイアウト倍率は、1倍に近い倍率にしかならず、ほとんど儲からないことになってしまいます。

また、バイナリーオプション規制によって、国内バイナリーオプションには

2時間おきにしか判定時刻を設けられない

という規制も設けられました。

例:GMOクリック証券の場合
例:GMOクリック証券の場合

月~金曜日の午前8:00~翌午前5:00

第1回号:8:00~11:00
第2回号:10:00~13:00
第3回号:12:00~15:00
第4回号:14:00~17:00
第5回号:16:00~19:00
第6回号:18:00~21:00
第7回号:20:00~23:00
第8回号:22:00~翌1:00
第9回号:0:00~翌3:00
第10回号:翌2:00~翌5:00

1日10回しか、判定時刻がないのです。

1日24時間寝ないでトレードできる人が、1日10回です。

1日1時間~2時間しかトレード時間が確保できない方の場合は、1日1回しかトレードできないと言っても過言ではないのです。

これは大きなデメリットと言えます。

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションはどちらが勝ちやすいのか?

予想のしやすさ

海外バイナリーオプションの場合
今から○分後に現在レートよりも、上にあるのか?下にあるのか?

を予想することができます。

国内バイナリーオプションの場合
決められた判定時刻に、選んだ目標レートよりも、上にあるのか?下にあるのか?

を予想することができます。

バイナリーオプションで利益を出すためには、

テクニカル分析を駆使して勝率を上げる

ことが求められます。

テクニカル分析で「上昇」のサインが出たとして、海外バイナリーオプションであれば、数分後に上昇するという形で「HIGH」エントリーができますが、国内バイナリーオプションの場合は、判定時刻があらかじめ決まってしまっているため、そこにピッタリ、テクニカル分析の「上昇」サインのタイミングが合わせられない可能性が高いのです。

つまり、

  • 海外バイナリーオプション:テクニカル分析のサインに判定時刻を合わせられる
  • 国内バイナリーオプション:テクニカル分析のサインに判定時刻を合わせられない

という違いがあるため、

当然ですが

  • テクニカル分析を駆使できる海外バイナリーオプションの方が安定して勝ちやすい

と判断できます。

取引回数

前述した通りで、国内バイナリーオプションのバイナリーオプション規制では、判定時刻は最低でも2時間おきに設定することが義務付けられました。

1日10回~12回

ということです。

トレードできる時間は、人によって異なりますが、毎日:2時間~3時間しかトレードしないという方にとっては、国内バイナリーオプションは、1日1回、2回しかトレードできないものとなってしまうのです。

海外バイナリーオプションの場合は、最短30秒でトレードが可能です。

理論上は、2時間~3時間の間に、240回~360回は、トレードできるのです。

安定した勝率(55%以上)が出せるバイナリーオプションの攻略法を身に着けた投資家にとっては、トレード回数は、損益に大きく影響します。

勝率:60%
ペイアウト倍率:190%
1回のエントリー額:1,000円

国内バイナリーオプションで「1日1回 × 20営業日」のトレード

  • 月の損益 = 6,800円

海外バイナリーオプションで「1日5回 × 20営業日」のトレード

  • 月の損益 = 34,000円

当然ですが、安定した勝率を出せる人にとっては

  • 取引回数が多ければ多いほど、利益が大きくなる
  • 取引回数が小さければ小さいほど、利益が小さくなる

のです。

取引回数が確保できない国内バイナリーオプションは、儲けにくいバイナリーオプションと言えます。

ペイアウト倍率

海外バイナリーオプションの場合

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア

ハイロー:1.88倍

※スプレッド取引は、ペイアウト倍率2倍を超えますが、勝てないレンジがあり、勝率が下がるので採用していません。

国内バイナリーオプションの場合

GMOクリック証券

現在レートに一番近い目標レート

GMOクリック証券

円高:1.84倍
円安:1.89倍

平均:1.865倍

です。

大きな差はありませんが、若干海外バイナリーオプションの方がペイアウト倍率が高く設定されています。ペイアウト倍率の面でも、勝ちやすいのは海外バイナリーオプションと言えます。

取引可能商品の違い

国内バイナリーオプションの場合

GMOクリック証券
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • ユーロ/米ドル

多くの国内バイナリーオプション業者が扱うのは「主要通貨」のみです。

海外バイナリーオプションの場合

ハイローオーストラリア
  • 通貨ペア
    AUD/JPY, AUD/NZD, AUD/USD, CAD/JPY, CHF/JPY, EUR/AUD, EUR/GBP, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/AUD, GBP/JPY, GBP/USD, NZD/JPY, NZD/USD, USD/CAD, USD/CHF, USD/JPY
  • 商品指数
    GOLD, USOIL, UKOIL
  • 株価指数
    AUS200, JPN225, HKG33, UK100, US30, NAS100, SPX500, CHN50
  • 仮想通貨
    BITCOIN (XBT/USD), ETHERIUM, RIPPLE, LITECOIN

海外バイナリーオプションでは「主要通貨」以外に「マイナー通貨」「商品指数」「株価指数」「仮想通貨」「外国株」などのCFD商品も、トレードの対象となります。

  • 選択肢が多ければ、テクニカル分析が機能する通貨の種類も増え、トレード機会が確保できる
  • ファンダメンタルズで予想しやすい株価指数や金、原油でトレードできるので、勝率が上がる

傾向があります。

まとめ

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの取引方法の仕組みを比較すると

  • テクニカル分析で狙ったタイミングに判定時刻を持ってこれる → 勝率が上がる
  • 取引回数が多い → 投資回数が上がる、勝率が上がる
  • ペイアウト倍率がやや高い → 利益額が増える
  • 取引商品の種類が多い → 勝率が上がる

海外バイナリーオプションの方が圧倒的に稼ぎやすい、儲けやすいバイナリーオプションと言えます。

国内バイナリーオプションは

  • 取引回数が限られている
  • 判定時刻が固定されているため、テクニカル分析のサインとタイミングが合わない
  • ペイアウト倍率がやや低い
  • 取引商品の種類が少ない

ため、勝ちにくい仕組みになっています。

バイナリーオプション規制は、投機性を抑えるために導入された規制ですので、本質的に「稼ぎにくい」「勝ちにくい」ものとなっているのです。

国内バイナリーオプションの方が優れているポイントってないの?

「安心感」という点がすべてです。

国内バイナリーオプション業者は、金融庁の登録をしている大企業です。投資資金も、信託保全されているため、万が一国内バイナリーオプション業者が倒産したとしても、投資家の資産は返金されます。

海外バイナリーオプション業者の場合は、外国の金融ライセンスになるのですが、日本の金融庁の圧力によって、主要な金融監督庁の国では、海外バイナリーオプション業者は、金融ライセンスを取得できない傾向が出てきています。

金融ライセンスなし = 金融監督庁がない

のですから、トラブルのリスクは海外バイナリーオプション業者の方が圧倒的に高いのです。

「安心」を取るなら、国内バイナリーオプション業者の方がおすすめと言えます。

teacher
海外バイナリーオプション業者を利用する場合にも、資金は極力投資する最低限の資金に抑えて、万が一の時にも、投資資金がなくならないようなリスクヘッジが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です