バイナリーオプション必勝法おすすめランキング。稼げる、儲かる必勝法ランキング

man
「バイナリーオプション必勝法を教えてください。」
「バイナリーオプションに必勝法はありますか?」
「バイナリーオプションのおすすめの必勝法は?」

バイナリーオプション投資家が知りたいのは、必ず勝てる方法 = 必勝法です。今回は、おすすめのバイナリーオプション必勝法についてランキング形式で紹介します。

バイナリーオプション必勝法を紹介する前に

バイナリーオプション必勝法を紹介する前に

いきなり矛盾してしまいますが

バイナリーオプションで必ず勝てる=勝率100%のトレード方法「必勝法」というものは存在しません。

バイナリーオプションは、海外バイナリーオプションのシンプルな「HIGH/LOW」の2択の場合、「運」でトレードしても、勝率は50%になります。

この勝率をテクニカル分析によって、55%、60%、65%と少しだけ引き上げることができれば、それで利益が出るのです。

つまり、必勝(勝率100%)である必要というのはなく、60%以上あれば十分に利益が出る合格点になるのです。

必勝とは言っても、勝率100%にはならない、勝率100%は必要ないことを踏まえたうえで、バイナリーオプション必勝法を紹介していきます。

バイナリーオプション必勝法の順位付けするにあたって重視した項目は、下記の3点です。

  1. 勝率の高さ
  2. トレード機会の多さ
  3. エントリータイミングの明確さ
勝率の高さ

勝率が高いに越したことはありません。目安としては、勝率60%以上のバイナリーオプション必勝法を前提に選定しています。

トレード機会の多さ

トレード機会が少ないと、1日1回トレードできるかどうかになってしまいます。

  • 勝率が60%で月にトレード機会が100回あるバイナリーオプション必勝法
  • 勝率が70%で月にトレード機会が20回しかないバイナリーオプション必勝法

では、前者の方が儲けは大きくなるのです。

勝率は60%以上あれば、低くても、トレード機会が多ければ、そこで収益の挽回はできるということです。逆に1日1回トレード機会があるかないかという状態では、トレードする側としても、画面を見続けるだけになるため、モチベーションが維持できないというデメリットもあります。

ある程度のトレード機会が確保できるバイナリーオプション必勝法をおすすめします。

エントリータイミングの明確さ

エントリーの判断が明確であれば明確であるほど、誰がやっても、同じような勝率が期待できます。

  • テクニカル分析の線Aと、線Bが交わったら、エントリー

となっていれば、誰がやっても、設定さえ間違わなければ、勝率は同じになるはずなのです。

  • トレンドが発生したら
  • 勢いがなくなったら

というようなあいまいなバイナリーオプション必勝法になると、なかなか同じような勝率は再現できないのです。

teacher
  • 勝率の高さ
  • トレード機会の多さ
  • エントリータイミングの明確さ

の点数の高いバイナリーオプション必勝法をランキング形式で紹介します。

バイナリーオプション必勝法おすすめランキング

バイナリーオプション必勝法おすすめランキング

1位.ボリンジャーバンド+移動平均線の順張りトレード

1位.ボリンジャーバンド+移動平均線の順張りトレード

バイナリーオプション必勝法1週間の検証データ

トレード機会:21回
勝敗:17勝4敗
勝率:81.0%
損益:55,650円
1回の平均損益:2,650円
1回の投資額:1,000円
使用したバイナリーオプション業者:ハイローオーストラリア

バイナリーオプション必勝法の考え方

ボリンジャーバンド+移動平均線の順張りトレードは、一番基本的なテクニカル分析である「移動平均線」と「ボリンジャーバンド」を利用した、「押し目買い・戻り売り」の順張りトレードです。

利用するテクニカル分析は

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド

です。

押し目買い・戻り売りとは
トレンド発生時に一時的にトレンドと逆方向に動いたタイミングで、エントリーをして、元の大きなトレンドに戻るときにエグジットするトレード手法のこと

を言います。

トレンド中も、為替レートというのは、一直線に進むことはなく、上下動を繰り返しながら、大きなトレンドの方向に進みます。

この特性を生かして

  • 上昇トレンド中に一時的に下降したタイミング(押し目)で「買い」エントリー
押し目買い・戻り売りとは
  • 下降トレンド中に一時的に上昇したタイミング(戻り)で「売り」エントリー
押し目買い・戻り売りとは

するトレード手法を「押し目買い・戻り売り」と呼ぶのです。

「押し目買い・戻り売り」トレンドに逆らわないトレード手法ですので、高い勝率が期待できるトレード手法となっています。
移動平均線とは
ローソク足の○日分(○本分)の終値の平均値をラインで表示するテクニカル分析のこと

を言います。

一般的に9MA、26MA、52MAと、短期、中期、長期の移動平均線を表示して、分析に利用することが多いものです。

今回は、25MAの一本の移動平均線を表示させます。

なぜ、一本で良いかと言うとボリンジャーバンドのミドルラインが移動平均線の役割をするからです。今回は、ボリンジャーバンドのミドルラインは、21MAとなっています。

ボリンジャーバンドとは
相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示するテクニカル分析のこと

を言います。

偏差値を計算して、その確率に収まるラインを表示させます。

ボリンジャーバンドとは

±1σに収まる確率:68.26%
±2σに収まる確率:95.44%
±3σに収まる確率:99.73%

このバイナリーオプション必勝法では

ボリンジャーバンドとは
トレンドの発生をチェックする
  • ローソク足が高値を更新し続けているとき → 上昇トレンド発生と判断
  • ローソク足が安値を更新し続けているとき → 下降トレンド発生と判断
移動平均線(25MA)とミドルライン(21MA)の位置をチェックする
  • 「上昇トレンド」かつ「移動平均線(25MA)がミドルライン(21MA)の下」 → 「HIGH」エントリー準備OK
  • 「下降トレンド」かつ「移動平均線(25MA)がミドルライン(21MA)の上」 → 「LOW」エントリー準備OK
エントリー
  • 実勢レートが移動平均線(25MA)にぶつかった → 「HIGH」エントリー
  • 実勢レートが移動平均線(25MA)にぶつかった → 「LOW」エントリー

という手順でトレードをします。

簡単に言えば

上昇トレンド中に下降して移動平均線(25MA)にぶつかる = 押し目
下降トレンド中に上昇して移動平均線(25MA)にぶつかる = 戻り

と判断して、再びトレンドの方向に戻る修正のときにエントリーする形になります。

バイナリーオプション必勝法のメリット

  • 勝率が高い
  • トレード機会が多い
  • エントリーポイントが明確

バイナリーオプション必勝法のデメリット

  • レンジ相場では機能しない
バイナリーオプション必勝法のデメリット

2位.一目均衡表と平均足による簡単トレード

2位.一目均衡表と平均足による簡単トレード

バイナリーオプション必勝法1週間の検証データ

トレード機会:36回
勝敗:27勝9敗
勝率:75.0%
損益:75,150円
1回の平均損益:2,088円
1回の投資額:1,000円

使用したバイナリーオプション業者:ハイローオーストラリア

バイナリーオプション必勝法の考え方

一目均衡表と平均足による簡単トレードは、「平均足」と「一目均衡表」を利用した順張りトレードです。

利用するテクニカル分析は

  • 平均足
  • 一目均衡表

です。

平均足とは
4本値の平均値を利用して、ローソク足を描画するチャートの種類のこと
  • 始値:一つ前の足の「始値」と「終値」の平均値
  • 終値:4本値の平均値
  • 高値:もっとも高い値段
  • 安値:もっとも安い値段

を言います。「始値」と「終値」がローソク足と異なります。

「ローソク足」と「平均足」を比較すると、「始値」と「終値」で平均値を採用しているため、前の足との差が少なくなる分

「陽線」「陰線」が連続しやすい = チャートを見れば、トレンドがわかりやすい

特徴があります。

ローソク足

平均足とは

平均足

平均足とは

同じチャートですが、平均足の方が「陽線」「陰線」が連続していることがわかるかと思います。

一目均衡表とは

「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線によって作られた線がワンセットとなったテクニカル分析です。

一目均衡表とは
  • 転換線:過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 基準線:過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 遅行スパン:終値を26日過去にずらした線
  • 先行スパン1:当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたもの
  • 先行スパン2:過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたもの
  • 雲:先行スパン1と先行スパン2に囲まれる部分を「雲」と言う

今回のトレードで利用するのが「雲」と呼ばれる部分です。

「雲」の特徴

  • 実勢レートが雲を抜けると強いトレンドが発生する
  • 実勢レートが雲に跳ね返るとトレンドが反転する
  • 「雲」の厚さでトレンドの強弱が決まる

というものがあります。

このバイナリーオプション必勝法では

一目均衡表とは

「雲」を見て、エントリー準備に入り

  • 実勢レートが下から上に「雲」を抜ける → 「HIGH」エントリーの準備
  • 実勢レートが上から下に「雲」を抜ける → 「LOW」エントリーの準備

した上で、「平均足」の「陽線(陰線)」が形成されたらエントリーします。

実勢レートが下から上に「雲」を抜ける
→ 「雲」の上で陽線が形成された(「雲」にかかっていない陽線ができた)
→ その後に平均足が形成されはじめるタイミングで「HIGH」エントリー

実勢レートが上から下に「雲」を抜ける
→ 「雲」の下で陰線が形成された(「雲」にかかっていない陰線ができた)
→ その後に平均足が形成されはじめるタイミングで「LOW」エントリー

という手順になります。

実勢レートが「雲」を抜けたときに「トレンドが形成された。(トレンドが強くなった。)」と判断し
その後に「陽線(陰線)」が形成されたことで、確実性が上がったと判断し、エントリーします。

一目均衡表の信頼性を重視したバイナリーオプション必勝法です。

バイナリーオプション必勝法のメリット

  • 勝率が高い
  • トレード機会が多い
  • エントリーポイントが明確

バイナリーオプション必勝法のデメリット

  • だましもそれなりにある
  • レンジ相場ではあまり機能しない
バイナリーオプション必勝法のデメリット

3位.ボリンジャーバンドと遅行スパンのシンプルトレード

3位.ボリンジャーバンドと遅行スパンのシンプルトレード 3位.ボリンジャーバンドと遅行スパンのシンプルトレード

バイナリーオプション必勝法1週間の検証データ

トレード機会:39回
勝敗:27勝12敗
勝率:69.2%
損益:60,150円
1回の平均損益:1,542円
1回の投資額:1,000円
使用したバイナリーオプション業者:ハイローオーストラリア

バイナリーオプション必勝法の考え方

一目均衡表と平均足による簡単トレードは、「ボリンジャーバンド」と「一目均衡表の遅行スパン」を利用した順張りトレードです。

利用するテクニカル分析は

  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

です。

ボリンジャーバンドとは
相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示するテクニカル分析のこと

を言います。

偏差値を計算して、その確率に収まるラインを表示させます。

ボリンジャーバンドとは

±1σに収まる確率:68.26%
±2σに収まる確率:95.44%
±3σに収まる確率:99.73%

一目均衡表とは
「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線によって作られた線がワンセットとなったテクニカル分析です。
  • 転換線:過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 基準線:過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 遅行スパン:終値を26日過去にずらした線
  • 先行スパン1:当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたもの
  • 先行スパン2:過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたもの
  • 雲:先行スパン1と先行スパン2に囲まれる部分を「雲」と言う

今回のトレードで利用するのが「遅行スパン」と呼ばれる部分です。

遅行スパン(遅行線)とは

実勢レートをローソク足26個分過去に戻して(後ろにずらして)表示した線のこと
一目均衡表とは

このバイナリーオプション必勝法では

一目均衡表とは

「遅行スパン」と「ボリンジャーバンドの±3σ」を見て、エントリー準備に入り

  • 「遅行スパン」が「+3σ」を上向きに抜いたら「HIGH」エントリー
  • 「遅行スパン」が「-3σ」を下向きに抜いたら「LOW」エントリー

という手順になります。

なぜ、遅行スパンが「ボリンジャーバンドの±3σ」を抜いたら、エントリーするのか?

1分足のチャートの場合

  • 「遅行スパン」が「+3σ」を上向きに抜く = 現在の実勢レートが26分前の「+3σ」の地点を抜く

を意味します。

±3σに収まる確率:99.73%
±3σに収まらない確率:0.027%

ですから、「+3σ」を超えてしまう確率は、0.027%しかないのです。

26分前ではありえなかった状況が、今現在はありえる状態になっている
= 26分前よりも、大きな上昇トレンドが発生している

と考えるのです。

バイナリーオプション必勝法のメリット

  • 勝率が高い
  • トレード機会が多い
  • エントリーポイントが明確

バイナリーオプション必勝法のデメリット

  • レンジ相場では機能しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です